日本人に必要な印鑑について

現在の日本では、自分自身の証明の為にサインや印鑑を使用しますので、成人の方であれば最低一つは印鑑を持っていると思いますし、実印、銀行印、認印の三点を社会人になった記念や成人になった記念に作る方も多いのではないでしょうか。 印鑑を手にしたことにより、責任というのもしっかりと自覚し、身の引き締まる思いになると感じる方もいるくらいですから、 印鑑に対する思い入れは深い人もいるということになると思います。 印鑑は、生まれてすぐに出生届けに使用しますし、転居届、婚姻届、死亡届など、人生の節目にはかならず必要になってきます。

また、社会人になり給料を貰う場合にはほとんどの企業が口座振替になっていますので、銀行口座を開設する必要が出てきます。 つまり、銀行口座がありませんと給料を貰うことができませんので生活することができなくなってしまうのです。

最近では銀行口座を開設するにも身分証明書が必要になってきていますので、しっかりとした人でありませんと口座開設ができなくなっています。 ですから、口座開設ができるということは社会的に信用ある人という証明にもなるのです。

身分証明になる住民票などは印鑑がないと役所で発行してもらえませんので、印鑑は生きて行くためには必要な道具になっているのです。